口臭、虫歯

鼻で呼吸が出来なくなると、口で呼吸するようになります。口で呼吸すれば口の中は乾き、喉は荒れ、唾液も分泌されなくなり口の中はとても不衛生な状態になります。

そうなれば口臭虫歯にもなりますし、最悪の場合味覚障害になってしまいます。

口で呼吸すると口の中が乾燥唾液の分泌量が低下します。鼻には鼻毛や鼻粘膜があるので空気を適温に暖めたり、湿度を高めてたりと調整する能力があります。

しかし、口の中には毛はおろか、ゴミを吸着する粘膜も無いためストレートに菌を吸い込んでしまいます。それだけでも体には悪いのですが、さらに口の中が乾いてしまう事で殺菌の働きがある唾液の分泌量を減らしてしまいます。

唾液の分泌量が減る事で菌が繁殖しやすい環境になり、口臭や、虫歯になってしまいます。

鼻づまりによる虫歯や口臭の対策法

口呼吸が原因で起こる口臭や虫歯になりやすい体質は鼻で呼吸すれば治まる場合がほとんどです。ですから、出来るだけ意識して鼻で呼吸するようにしましょう。

慢性的な鼻炎や鼻づまりで鼻呼吸が難しい場合は遠慮せずに点鼻薬や飲み薬を服用しましょう。薬の副作用よりも口呼吸で居る事の方が体には悪いので、まずは鼻で呼吸できる環境を整えてください。

眠っている時の鼻づまり対策

眠っている時は鼻呼吸を意識する事ができません。朝起きたときに口の中が乾いていると酷い口臭の原因になりますし、折角歯を磨いて寝ても歯垢が溜まりやすく、菌が繁殖して虫歯になってしまいますから、マスクをして寝るようにしましょう。

マスクをする事で口が乾くのを防げますし、外部からの菌の進入もある程度は防ぐ事ができます。

しかし、マスクをしても完璧に口の渇きや菌の進入を防げるわけではないので、出来るだけ早く耳鼻科に行くなどして鼻づまりを治すようにしましょう。

関連:マスクで鼻づまり対策

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加