鼻づまりが起こると頭痛になる

鼻づまりと頭痛は併発しやすいです。鼻が詰まる事で空気を取り込む量が少なくなり、脳に送られる酸素の量が少なくなる事で頭痛が起こります。また、肩こりから頭痛に繋がるケースも多いです。

脳に酸素が行かなくなると脳が酸欠状態になり、頭が重くなったり集中力が続かなくなりますので、自動車などの乗り物の運転は危険です。

鼻づまりによる頭痛を簡単に緩和させる方法

頭痛が酷い時は早急に鼻づまりや肩こりを治す必要があります。頭痛が長続きすると仕事や勉強に集中できなくなりますし、事故に繋がるケースも少なくありません。

鼻づまりには即効性のある点鼻薬を使うと良いでしょう。どれが鼻づまりに効くスプレーなのか分からない時は、店員さんに聞けばすぐに対応してくれます。種類が色々あるので、花粉症や鼻炎、風邪気味などの症状を伝えれば、その症状にあったスプレーをお勧めしてくれるはずです。

ここで注意なのが、点鼻薬を使いすぎないことです。点鼻薬を使いすぎると中毒になる可能性があります。1日1回から2回程度の使用にしておけば問題ありませんから、どうしても鼻づまりが辛い時にだけ使うようにしましょう。

参考

鼻づまりを治す事で肩こりも同時に改善される事があります。点鼻薬を使い鼻づまりを解消しても肩こりが治らない場合は肩を揉んだり湿布をしてその場で様子を見たり、帰宅してからゆっくりお風呂に入るなどして肩こりを治すようにしましょう。

参考:鼻づまりによる肩こりや首こり

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加