口呼吸をするたびに病原菌を吸い込んでいる

鼻が詰まると口呼吸になってしまいますが、口呼吸をすると口の中に病原菌を呼び込んでいる事になります。
鼻には鼻毛や鼻粘膜があるため、ある程度の病原菌の進入を防ぐ事ができますが、口にはそのような機能はありません。また、口から喉は近いので吸い込んだ空気が全て喉へのダメージとなり、声がガラガラになったり風邪の原因にもなります。

鼻が詰まっている人は風邪になりやすかったり、お腹を壊しやすかったりしますが、これも口呼吸が関係しています。口呼吸になると胃腸へダメージを与える細菌や、害のある空気を全て吸い込んでしまうことになるので、体調も崩しやすいのです。

鼻詰まりを解消すると同時に鼻呼吸にする事で体調は良くなります。普段から特に体調に異変の無い人でも口呼吸を治せば日中の集中力増加などにも繋がりますし、ストレスの解消にもなるので治しておいても損はありません。

とにかく自分の体に害のある口呼吸、鼻詰まりはできるだけ早く治すようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加