点鼻薬で鼻づまりを解消

鼻づまりをすぐに、確実に治したいという人は点鼻薬を使うようにしましょう。点鼻薬には即効性があり、服用するとすぐに鼻の通りが良くなります。

しかし、市販の点鼻薬のほとんどに血管収縮剤が入っており、使いすぎると点鼻薬無しではいられない体質になってしまいます。

参考:点鼻薬(ナザール)中毒

点鼻薬の恐ろしさ

点鼻薬は鼻に噴射すれば数秒後には鼻づまりが治まってしまう魔法のような薬です。しかし、持続力は弱く、数時間すれば元の状態に戻ってしまいます

点鼻薬は、使い続けることでどんどん効果がなくなっていきます。点鼻薬は自律神経に働きかけ、鼻粘膜の血管を細くし、鼻の炎症を抑える薬です。

使って数時間すると元に戻りますが、またすぐに点鼻薬を使う事で段々と自律神経が狂い始めます。そうなると点鼻薬を使う前より鼻づまりが酷くなり、またその鼻づまりを治すために点鼻薬を使う・・・。というような悪循環に陥るのです。

これが点鼻薬中毒です。使えば使うほど鼻の環境は悪くなっていく一方なのにも関わらず、その酷くなった鼻づまりを治すために点鼻薬を使う・・・。一種の病気と言っても過言ではありません。

また、自律神経の乱れから、常に鼻粘膜が腫れた状態になってしまいます。これを慢性肥厚性鼻炎といいます。肥厚性鼻炎は点鼻薬を使い続けている限り治る事はありません。それどころか、点鼻薬を使えば使うほど効き目は無くなり、腫れも酷くなっていきます

点鼻薬中毒に早く気付ければ早く治せる

点鼻薬中毒は早く気付けば自力で簡単に治せます。少し我慢が必要ですが、私は点鼻薬(ナザール)中毒を克服する事ができました。

私はナザールスプレーを4年間毎日欠かさず使い続けていましたが、約2週間の我慢で治りました。

それまでは1ヶ月に2本のペースでナザールスプレーを使っていたのですが、本気で我慢してなんとか脱ナザールに成功しました。

もし、我慢が辛い、仕事や私生活に多きな支障が出るという場合でしたらレーザー治療をお勧めします。1回1万円も掛からない場合が多いですし、簡単にできます。数年に1回程度定期的に治療する必要がありますが、メリットの方が大きいので是非検討してみてください。

全て点鼻薬が悪いわけではない。使用回数を決めればとても便利なモノ!

ここまで説明しましたが、点鼻薬は決して悪いものではありません。鼻が詰まって困っている時は必ず役に立ちます。ただし、使いすぎない事です。

花粉症の時に少しだけ使うようにしたり、”1日1回だけ”としっかり回数を決めて使えば問題ありません。

普段から鼻炎で鼻づまりが酷い人は市販の点鼻薬ではなく、医師から処方される点鼻薬を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加