鼻づまりによって起こる口臭

口臭の原因は、歯や歯肉の健康状態、内臓の不調など色々考えられますが、意外と見落としがちなのは鼻づまりです。ご存知の方もいるとは思いますが、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の症状の一つに、口臭があります。

蓄膿症は、読んで字の如く膿が蓄積される病気です。膿は副鼻腔という部分に溜まっていき、強烈な臭いを発生させます。その臭いは鼻だけでなく、鼻と繋がっている口からも発生します。

蓄膿症による口臭を治すには、原因となっている蓄膿症を治すしかありません。早くに処置をすれば薬の服用だけで治る場合も多いのですが、放置して症状が悪化していると手術をしなければならない場合もあります。

また、蓄膿症のように病気が原因となっている口臭の場合、口臭を消すサプリメントが効かないため、対応策がほとんどありません。周囲の人に不快な思いさせないためにも、早めの治療が必要になります。

蓄膿症だけが原因ではない

鼻づまりによる口臭は、蓄膿症だけが原因で起こるわけではありません。蓄膿症とまではいかなくとも、口臭が発生する可能性は十分にあります。

鼻づまりが起こる事で口呼吸に切り替わると、口の中が乾燥し、唾液が十分に分泌されなくなります。そうなると口臭の元となるウイルスが繁殖し、口臭が起こってしまいます。

よく、緊張すると口が臭くなるといいますが、これと同じです。このような口臭を防ぐには、常に口の中を湿らせておけば大丈夫ですので、こまめに水分を摂ったりして対処しましょう。

しかし、慢性的な鼻づまりによって口呼吸が常習化している場合、口呼吸を直さなければずっと口臭が発生するだけでなく、虫歯や歯周病の原因にもなるため、どんどん臭いは強くなっていきます。

一時的な対処であれば水分の摂取で問題ありませんが、普段から口で呼吸してしまう人は、鼻で呼吸する癖をつけなければ根本的な解決にはなりませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加