鼻粘膜が腫れる原因はストレス!?さらにあの病気との深い関連性も

鼻粘膜の腫れは鼻づまりの原因で一番多いです。ハウスダストや花粉、生活習慣の乱れなどから鼻粘膜の腫れは起こります。

鼻の粘膜にはたくさんの毛細血管が巡っています。何らかの原因で、その毛細血管が拡張することで鼻の粘膜が腫れ、鼻づまりの原因となってしまいます。鼻粘膜は少しの刺激でも簡単に腫れてしまうので、原因の特定は難しいですが、大抵は花粉かハウスダストでしょう。そしてそれらが原因となって引き起こされる病気の多くは「アレルギー性鼻炎」です。

鼻粘膜が腫れないようにするためには、根本から改善していく必要があります。部屋はこまめに換気し、湿気やカビを増やさないようにします。中古の本屋やゲームショップはカビやホコリが多く、鼻に良い環境とはいえません。そのような場所に行く際には必ずマスクをするようにし、帰宅したらすぐに手洗い、うがい、そして鼻うがいもすると効果的です。

食生活を改善するのは難しいことですが、鼻の粘膜への影響が大きいタバコやお酒はなるべく控えるようにしましょう。また、ストレスから酷い鼻づまりに陥ることもあります。運動など、自分なりのストレス解消法で根本から改善していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加