曲がっていないとおかしい!?ほとんどの人が曲がっている鼻の骨の秘密

鼻の中には、鼻中隔(びちゅうかく)と呼ばれる、鼻を左右に分けるための仕切りの役割をしている壁があります。

この鼻中隔は主に軟骨と骨で作られています。鼻中隔が曲がると、鼻の中の空気の流れが悪くなり、鼻づまりの原因になります。(骨や軟骨が鼻の穴を塞いでしまう)

曲がっているのは特別なことではない

鼻中隔が曲がっているのは何も特別なことではありません。鼻中隔は、小学生程度の子供で約70%、成人以上の大人では約90%以上の人が曲がっているそうです。曲がっていない人の方が珍しいということです。

しかし、ほとんどの人が曲がっているからといって、全員が全員鼻づまりに悩んでいるわけではありません。呼吸がしにくくなるほどに湾曲が酷い場合は医師に相談したほうが良いでしょう。

鼻中隔が曲がっている状態のことを「鼻中隔湾曲症」といいます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加