鼻づまりの治療費はいくらぐらいかかる?

軽い症状の鼻づまりであれば診察と薬の処方だけで済みますが、症状が酷くなると手術も視野に入れなければなりません。そこで気になるのが治療費ですが、鼻づまりの治療費はどれぐらいなのでしょうか。

鼻づまりの治療費

以下のデータは「鼻のクリニック東京」の日帰り手術の種類と費用です。

後鼻神経切断術(片側) 約80,000円
副鼻腔炎(片側) 約20,000〜90,000円
鼻中隔矯正術 約20,000円
鼻甲介切除術(片側) 約3,000円〜8,000円

手術の費用は国民健康保険が適用されるため、3割負担になります。また、術前検査や全身麻酔を行う場合は別途費用が掛かります。

鼻粘膜を焼いて過剰な反応を起こさないようにするレーザー手術は、1万円前後と非常に安く受けられますし、当日に帰宅することができます。

保険診療ならどこの病院でも料金は同じ

保険診療とは、健康保険が適用され3割負担で済む医療のことです。保険診療は予め治療の内容や料金が定められているため、病院側で料金を設定することはできません。

つまり、健康保険が適用される手術であれば、どこの病院で受けても料金はほとんど同じです。ただし、中には保険適用外の道具を使う場合があるので、多少の変動が起こるかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加