脱ナザール記 その後

脱ナザール記を初めてから間が空いてしまいました。

結果から報告させていただきますと、成功です。あれから全く手をつけていません。鼻づまりが酷くなるとどうしても欲しくなってしまうのですが、気合でカバーしています。

恐らく今後一切使うことはないと思いますが、欲しくなるような鼻づまりが続くのも嫌です。なので近いうちに耳鼻科に行き、血管収縮剤の入っていない点鼻薬を貰うことにしました。

脱ナザール記を始めたのが1月23日ですので、21日間ナザールを使っていないことになります。ナザールをやめて、現在の状況を書いておきます。

良かったこと

  • ナザール代が浮いた。
  • 普通の鼻水になった。
  • ナザールの効果がきれた後のリバウンドが無くなって楽
  • 寝ている間に鼻呼吸するようになった。
  • 出かけるときにナザールを忘れるなどの心配が無い

悪かったこと

  • 鼻づまりが辛い
  • その日の鼻の調子で1日の気分が大幅に変わる
  • 耳が聞こえづらくなった

まず、良かったことから説明します。

ナザール代は浮きましたのでお財布に優しくなりました。タバコのような感覚です。

普通の鼻水になったというのはそのままの意味です。ナザールを使っていた頃は白くてとても粘り気の強い鼻水が出ていました。使用をやめてからは一切そのような鼻水は出ていません。

また、過度に使用していた頃は効果が切れたあとの鼻づまりが酷すぎたのですが、今ではそのようなことはないので安心しています。出かけるときも同じですね。ナザールを忘れたときの絶望感などはありません。

そして一番嬉しかった事なのですが、寝ているときの鼻づまりがなくなりました。ナザールを使っていた頃は、寝る前に使用し、寝ているときに効果がきれ、そのまま口呼吸するという悪循環でした。今ではそれほど鼻づまりも酷くないので寝ているときでも鼻呼吸できているようです。

続いて悪かったことです。

やはり鼻づまりが辛いのが1番ですね。使用しなくなったとはいっても、使用していた頃よりは鼻づまりは少なからずあります。解消する術が今のところ鼻をかむ事しかできないので、対応策を考えています。

せっかくナザールをやめられたのですから、色々な鼻づまりを解消する方法を試したいと思っています。その他も全て鼻がつまったことによるものなのですが、その日の気分が落ち込んだり、耳がこもりやすくなりました。

鼻づまりを完全に治せれば良いのですが、なかなか難しいようなので上にも書きましたが、耳鼻科に行こうかと思っています。そんな感じで私の脱ナザール記は終了とさせていただきます。

やめると辛いことは多いですが、自分の体のことなのでできる事なら使用をやめるべきです。そのための手助けもしていきたいと思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加