蓄膿症

鼻づまりに関連する病気でとても有名なのが、蓄膿症(慢性の副鼻腔炎)です。

そもそも蓄膿症はなぜ起こるのか

一つ目の原因として挙げられるのが、鼻の粘膜が弱っていることです。
鼻の粘膜が弱ることにより、風邪や花粉などが原因で炎症が起きやすくなります。

参考:アレルギー性鼻炎

通常であれば炎症を起こしても2週間、長くて一ヶ月ほどで治るのですが、稀に長引いてしまい、蓄膿症に陥ってしまうというケースがあります。

この場合ですと、炎症を起こし、鼻水・鼻づまりや頭痛が3ヶ月以上続くようだと蓄膿症(慢性化)だと考えられます

二つ目の原因として考えられるのが、炎症の元となっている毒素や老廃物が排出されずに溜まっていってしまうことによるものです。これは名前の通りです。老廃物などの積されてしまう状のことです。

蓄積された老廃物のほとんどが副鼻腔の弱くなっている粘膜に集まります。そのため、症状として現れるのが鼻づまりや鼻水、頭痛、クシャミなどです。これが悪化してしまうと慢性化し、蓄膿症となります。

また、ひどくなると鼻の周囲の骨にまで炎症が広がり、頬骨を押すと痛かったり、下を向くと重い感じになってしまうのです。

上記以外でも、鼻と深く関わっている器官の病気が原因となっている場合もあります。
中耳炎や内耳炎などの耳の病気や、眼炎などの目の病気から蓄膿症になってしまうケースも少なくありません。

蓄膿症のチェック方法

蓄膿症には特徴的な症状がいくつかあります。

  • 黄色い鼻水が出る
  • 鼻水の臭いがキツい
  • ひどい口臭がある
  • 頬骨を押すと痛い
  • 歯や歯茎が痛い
  • 下を向くと目の下や頬が重く、痛くなる

これらの症状が起こっている場合は蓄膿症である可能性が非常に高いといえます。
特に黄色い鼻水や、下を向くと頬骨が痛くなる人は要注意です。早めに病院に行き、薬を処方してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加