赤ちゃんの鼻づまりとは

赤ちゃん(新生児)の鼻づまりを心配して病院に行くという方は非常に多いです。そんな赤ちゃんの鼻づまりですが、赤ちゃんの鼻づまりにも色々と種類があるんですよ。

赤ちゃんは、基本的に鼻で呼吸します。喉が弱かったり、細菌から身を守りにくいからです。鼻がつまって口呼吸をするようになると、熱や風邪などの原因になります。

そうならないように鼻のフィルターを通して呼吸するのです。だからといって、鼻が強いわけでもありません。もちろん鼻の粘膜も大人より弱いですし、鼻の穴も小さいです。

そのため、少しの乾燥や気温の変化にとても弱く、鼻の粘膜は腫れやすいです。また、鼻水などが原因の鼻づまりの場合、吸引機などを使って取り除いてあげることも出来ますが、それも鼻水の種類によって変わっていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加